本文へスキップ

埼玉県比企郡小川町の糖尿病専門クリニック。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.0493-71-6050

〒355-0321 埼玉県比企郡小川町小川471-1

血糖測定SMBG・CGM・FGM

血糖測定とは…血液中の糖分量を調べること。
自己血糖測定とは…簡単な機械を使いご自身で血糖測定検査をすること。

  • 血糖測定の目的
    @ 血糖値を知ることで、毎日の食事・運動・薬が体にどのように影響するのか知ることができ、体の不調を発見  する手がかりにもなる。

    A 医師が今後の治療を決める為の手掛かりとして測定をお願いしています
  • 血糖測定対象者
    ・糖尿病と診断された方
    ・糖尿病かどうか判断する必要のある方
    ・他、医師が測定の必要があると認めた方
  • 血糖測定器の種類
    @SMBG (Self-monitoring of blood glucose)
    ACGM (Continuous glucose monitoring)
    BFGM (Flash glucose monitoring)
  • 血糖測定の使用方法
    @SMBG
    指先を自己穿刺し血糖値を必要に応じて測定する
    メリット:
     ・現在の血糖値を知ることが出来る
     ・機械によっては当院専用ソフトにデータを落とすことでレポートとして出すことも可能
    デメリット:
     ・穿刺による痛みを伴う
     ・インスリン使用者以外は測定用センサーや穿刺用の針などが自己負担となる

    当院では下記の機器を取り扱っております。(写真1は機器の一例です)   

    ・ワンタッチウルトラビュー(左上)
    ・ワンタッチベリオビュー(右上)
    ・グルコカード G Black(左下)
    ・メディセーフフィットスマイル(右下)

            (写真1)

    ACGM
    腹部(下腹部)に専用の針の付いた機械(センサー)を約5日間連続装着し測定
    5分毎に自動測定
    食事・行動記録を専用用紙に記入
    (記入することで血糖値の変動にどのように影響しているかがわかりやすくなる)
    結果は後日当院にある専用ソフトにて解析
    メリット:
     ・血糖値(※1)をグラフで見ることで従来よりも詳細な血糖値の推移がわかる
    デメリット:
     ・入浴ができない(シャワーのみ可能)
     ・機種により機械へのデータ入力が必要
     ・テープにより皮膚がかぶれる可能性がある
     ・SMBG機械による血糖自己測定が最低でも1日4回必要(=穿刺による痛みを伴う)(※2)
     ・データ解析の為1週間での来院が必要

    CGM 当院取り扱い機器
            
    メドトロニックミニメド        iPro2プロフェッショナルCGM
      (CGMS-Gold)

    持続血糖測定器装着時の様子             実際の測定グラフ
    (iPro2プロフェッショナル)
             


    BFGM
    上腕部裏側(二の腕)に専用の針の付いた機械(センター)を約2週間連続装着し測定
    15分毎に自動的に測定
    食事・行動記録を専用用紙に記入(記入することで血糖値の変動にどのように影響しているかがわかりやすくなる)
    結果は後日当院にある専用ソフトにて解析
    メリット:
     ・入浴ができる
     ・血糖値(※1)をグラフで見ることで従来よりも詳細な血糖値の推移がわかる
     ・SMBG機械による血糖自己測定が不要
     ・専用の読み取り機にかざすことでその都度血糖の値が確認できる
    デメリット:
     ・データ解析の為2週間での来院が必要

    持続血糖測定器装(Free Style リブレ)装着時の様子




    (※1):実際の血糖値ではなく血糖値に相関する間質液からデータを測定します。
    (※2):CGMは皮膚の組織間液の電気抵抗を測定し血糖値に換算して表示しているため、補正するためにも血糖自己測定をしなければならない。

    ☆どの測定機器も医師の指示または、患者様のご希望時相談にて、貸し出ししております。
    操作方法など詳細は医師またはスタッフがお応えし、指導いたします。お気軽にお尋ねください。

さつき内科クリニックビルダークリニック

〒355-0321
埼玉県比企郡小川町小川471-1
TEL 0493-71-6050
FAX 0493-71-6052