Qカロリーの少ないもの(こんにゃくなど)ばかり食べるとやせるのですか?

A.カロリーの少ない食事を続けていれば体重は減ります(やせる)ですが、体に必要な栄養素まで不足してしまうので、良いやせ方ではないですね。
貧血や体力がおちて元気がなくなったり、その他、肌あれ、便秘などたくさんのリスクがありますね。



Q私は足の膝がなぜか昔から痛くなってしまうのですが、それはどうしたらよくなるのでしょうか?膝にサポーターをした方が良いですか?
A. 痛みの強い時はサポーターをして、膝を保護してあげることも大切です。
座っているとき、横になっているとき等痛くない状態があれば、軽い負荷をかけた筋肉トレーニングを行い処々にもも(大腿筋肉)を鍛えていくことが大切です。 正しい歩き方、姿勢を身につけることも大切です。



Qお腹(胃のまわり)に脂肪がついてしまって、とりたいのですけど、どうしたらとれるのでしょうか?何かよい運動などあったら教えてください。

A. 皆悩んでいる所ですね。部分やせはむずかしいですが、筋肉を鍛えることで引き締める。それによって細くなります。
下腹では一般的な腹筋の他に、もも上げをすることで大腰筋(もものつけね(骨盤内にある)を鍛え下腹部を引き締める効果があります。
胃のまわりについてはウエストをねじるようなストレッチ運動が効果的です。 良い姿勢で行い、軽いおもり(ペットボトル)を持って行うと良いでしょう。 日常生活の中でながら運動をおすすめします。



Q.ダイエットの方法でご飯をぬいて野菜、果物、おかずだけ食べる方法はどうですか?

A.いろいろなダイエット方法がTVや雑誌に出ていますが、成功した人が紹介されていますね!ほとんどの人が失敗しているのです。まずは今の自分は何を食べ過ぎているの?と考えてみましょう。(お菓子、ジュース、菓子パン、ケーキ、揚げ物・・・) 3日分くらい朝〜寝るまでの間に自分で食べたものをすべて書き上げてみましょう。 そして多かった物を控える工夫をすることが一番よいことだと思います。
@ 主菜(メインのおかず、肉や魚、卵)
A 副菜(野菜を中心としたおかず)
B 汁物(貝の多い汁、きのこ、海藻、野菜たっぷり)
C 主食[ごはん(成人女性ならば軽く1杯:150g)、パン(6枚切り1枚)、うどん(ゆで麺:1袋240g)]
いつもそろえられないかもしれませんが、@〜B主食食事の時にほんの少し気にかけてみるだけでもバランスはよくなってきます。
・ 運動も忘れてはいけません。基礎代謝が低くなってしまうと食べた物を消費しにくい体になってしまいます。自分はどんな運動が好きか考えてみましょう。掃除や買い物等で体を動かすことでも良いです。



Q脂肪はどのようにしたら燃焼しますか?

A.基本的には体を食事後2〜3時間後に動かすことが有効です。体脂肪を1kg落とす為には、6000kcal分の運動が必要といわれています。運動だけで落とすことはとても大変です。今の食事の内容を見直して、脂肪の割合が多いようならばそれを少し減らすことで、脂肪の減りもよく(早く)なります。
◎ フライ→から揚げ
◎ 炒め物→ゆでてから炒める             
◎ 肉→魚 に工夫してみましょう。
                       
血液内のコレステロールを運動することで、善玉(HDL)コレステロールを増やし悪玉コレステロールを減らします。


Qやせる食事の方法として野菜サラダ→副菜→米と食べればよいと紹介されていましたが本当ですか?

A. 食べる順番ということですね!総カロリーが減りますから体重減少になります。
・ 野菜サラダにかぎらず、ヘルシーな副菜(野菜、海藻、きのこを使用)や具たくさんな汁物でもOK!
・ 健康的にやせる為にはたんぱく質が大切です。脂肪の少ない肉類、魚、豆乳、乳製品も摂ることを忘れないで下さい。
・ 運動と食事が上手に出来るとリバウンドのない体でいられます。でも難しいですよね。


 Qお菓子が大好きです。特にチョコレートや生クリームが大好きで仕事帰りにコンビ ニによって買ってしまい、食べてしまいます。罪悪感がいっぱいで、家に帰ってからお腹がいっぱいなのですがご飯を食べるようにしています。 お菓子を食べた日もきちんとご飯を食べたほうがよいのですか?
 A.私もお菓子が大好きです。特に仕事の緊張やストレスから開放された時は甘いものがほしくなるような気がします。 脳がエネルギーを必要としているのです。脳が働くためには大量の淡水化物(糖質)と脂質(脂肪)が主な成分です。少量でも高カロリーになります。
そんな日の夕食で心がけたいことは、食事として不足している栄養素(たんぱく質、ビタミン、ミネラル、食物繊維)を摂ることです。
例えば豆腐又は魚の主菜、野菜、海草、きのこを使った副菜です。どうしても食べたいときは食べたいもの1個(小さめ)とおむすび1個(約200kcal)といった工夫もあります。



 Q.夕食のとり方についてうかがいます。夜7時までに食べた時と夜9時以降に食べたときでは次の日の朝の体重が200〜400g違います。 太った分はその日のうちに消化しようと思いますが、夜遅いとどうして太りやすいのでしょうか?
 A.夕食の遅い人は肥満、高脂血症、高血糖等の改善が思うように見られず、悩んでいる人が多いように思います。
人間の体は午後9時以降になるとエネルギーを消耗しにくいホルモンが優位に働くようになります。
ですから同じカロリーの夕食であったとしても遅い食事の習慣のほうが太りやすいと言えます。
遅い夕食の日には工夫が必要です
例えば洋食→和食中心、野菜・海草、きのこたっぷりメニュー、主食(ごはんや麺類)はいつもより軽めにする等。 ウォーキング20分=1単位(80kcal)=ご飯(50g)

 Q.私は仕事のストレスのせいか、左肩がだんだん上がらなくなっている様な気がしています。そんな事はあるのでしょうか?。私は20代なので、 20肩とかあるのですか?
 A.お仕事は事務又は同じ姿勢を長時間続けている内容でしょうか? 頭の重さで首や肩周辺の筋肉が常に張った状態になっていることで、血流が悪くなっているのでしょう。さらに肩甲骨周辺の筋肉が かたくなり腕の上がりが悪くなったり、痛みを感じるようになります。30分に一度くらい顔(視線)を上げ、肩甲骨をゆっくり大きく回すことを 行うとよいでしょう。年齢には関係なく20肩、40肩などはあります。



Q. お菓子を食べたら食べた分消費するには運動をどのくらいしたらよいかわかりません。
A.いつどんな時間、どんな気分の時に食べていますか?
仕事帰りの空腹の時、イライラする時に空腹ではないのについ食べてしまう、習慣で買い物行くと甘いものコーナーに足が向く等、いづれにしても量が問題です。
1日の間食目安として 200キロカロリー以内におさえたいですね。
運動での消費カロリーは思っているほど高くないのですが、計算方法があります。
年齢、性別、体重等が わかれば自分にとっての消費カロリーがわかります。
食品のカロリー量
ご飯1膳(130g)210kcal ・食パン1枚(60g)158kcal
・ショートケーキ1個(90)310kcal ・大福もち1個(70g)165kcal
・りんご1個(250g)115kcal ・みかん3個(270g)93kcal
・ポテトチップス小1袋(50g)277kcal
・ソフトクリーム1個(100g)146kcal
・缶コーヒー1缶(190g)72kcal ・炭酸サイダー1缶(350g)151kcal
・ラーメン1人前(汁を含む)400〜560kcal ・かけうどん、そば1人前(汁を含む)240〜32kcal
80kcal消費の運動(男性が60kg,女性が50kg)
・買い物(ゆったりとした歩き) 男性 40分 女性 50分
・ウォーキング :男性 19分 女性 24分
・ラジオ体操・テレビ体操:男性 19分 女性 24分 ジョギング:男性 12分 女性 16分
・テニス:男性 12分 女性 16分
・自転車:男性 24分 女性 30分 
・家庭菜園:男性 29分 女性37分
・掃除(掃除機) 男性 32分 女性 41分
・掃除(雑巾がけ)男性 19分 女性 24分